おはなキャンプ場

OHANA CAMP&BBQ【九州のキャンプ場紹介】

どうも、おとさんです。今回キャンプしてきたのはOHANA CAMP&BBQとなります。自宅からキャンプ場までの所要時間とチェックアウトの時間で選んでみました。

海が近くのキャンプ場を探している人にはおすすめの施設です。実際にキャンプした日時はずっと前なのですが、雰囲気は味わってもらえると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

写真は筆者撮影で2021年11月のものです。現在のキャンプ場とは異なる場合もあります。最新の情報はキャンプ場へ直接お問い合わせください。

OHANA CAMP&BBQはこんなキャンプ場

OHANA CAMP&BBQ前の海岸

糸島の海風を存分に味わえるキャンプ場、それがOHANA CAMP&BBQです。私が予約したころは「御飯屋おはな BBQ&キャンプサイト」という名称でした。

2022年8月現在、施設内のレストランは休業中となっています。ソロ・ファミリー・グループと、どんなスタイルでも楽しめる万能タイプのキャンプ場です。

区画サイト・キャンピングカーサイト・フリーサイトの3つを備え、それぞれに独自の魅力があります。

今回はフリーサイトを利用したのですが、区画サイト・キャンピングカーサイトについてもできるだけ情報を記載しているので気になったらホームページでチェックしてみてください。

基本情報

まずはキャンプ場の基本情報から。福岡の繁華街、天神から約40分で到着できるアクセスもOHANA CAMP&BBQの魅力です。

所在地:福岡県糸島市志摩野北2461-2
アクセス:西九州道前原ICより車で約15分
営業期間:通年
予約方法:インターネット
チェックイン:15:00〜17:00
チェックアウト:〜11:00(区画サイト・キャンピングカーサイト)〜15:00(フリーサイト)
ごみ処理:有料回収(可燃・不燃各1袋500円)または持ち帰り
焚き火:焚き火台使用
電話番号:092-327-1117
HP:https://flower-villege.com/

注目したいのはチェックアウトの時間。フリーサイトでは15:00となっており、ゆっくり過ごせるのが特徴です。撤収に時間をかけ過ぎる私にとっては最高のキャンプ場と言えます。

直火禁止で焚き火台は必須、有料にはなりますがゴミの回収もOK。レンタル品もかなりの充実ぶりで、テントはもちろん焚き火台にコットや寝袋まで、手ぶらキャンプも十分可能です。

無人販売店では薪・木炭にカセットガスなどを販売しています。ビールやチューハイも手に入るので、お酒が足りなくなっても安心です。犬や猫の同伴も可能ですが、ノーリードは禁止となります。

受付

OHANA CAMP&BBQの受付

駐車場に入って右手の階段を上った先にOHANA CAMP&BBQの受付があります。レストランを営業していた場所で、現在は24時間の無人販売店も兼ねている施設です。

OHANA CAMP&BBQの注意事項が書かれた紙をもらい、共用施設の説明を受けます。フリーサイトでおすすめの場所を聞くと、いろいろ丁寧に教えていただきました。

フリーサイト

OHANA CAMP&BBQのフリーサイト景観

OHANA CAMP&BBQのフリーサイトの場所は全部で8か所に分けられています。少しずつ段差が設けられているので、解放感が損なわれることはありません。上段にいくほど眺めがよいので、眺望にこだわる人は上のサイトがおすすめです。

ちょっと気を付けたいのが荷物の搬入。フリーサイトは車両乗り入れが不可のところもあるので、場所によっては少し手間がかかるかもしれません。(駐車場は各フリーサイトの近くにあります)

OHANA CAMP&BBQフリーサイトからの景観

私たちが選んだのは水場のあるサイト、下段ではありますが海がしっかり見えます。風も通ってとても気持ちよいです。広さ的にはいちばん大きい感じで、贅沢に使わせてもらいました。平日利用にしたのが功を奏したようです。

区画サイト

OHANA CAMP&BBQの区画サイトA

次にOHANA CAMP&BBQの区画サイトについて。上の写真はAサイトになります。区画サイトの特徴はすべてのサイトに電源(1500wまで)・東屋・専用水場が付いていることです。東屋にはテーブルと椅子、BBQコンロが備え付けられています。

Aサイトは区画面積がもっとも広く眺めも抜群です。グループキャンプにも最適で、この日も家族らしきキャンパーさん2組がご利用でした。

OHANA CAMP&BBQの区画サイトB

次の写真はBサイトです。Aサイトと違って木に囲まれるサイトになります。区画サイトの中では最小ですが、狭い印象はまったくありません。

トイレやシャワー室が近いため、子どもさんがいるファミリーキャンプにもおすすめです。区画サイトは車両の横付けができるので、荷物の積み下ろしも素早くできます。

Bサイトの奥にCサイトがあります。同じように木に囲まれた環境で、ほかの区画サイトに比べてプライベート感のあるサイトです。写真は時間の都合で撮れませんでした。

なお区画サイトの指定予約はできないとのことですが、リクエスト自体は聞いていただけるそうなので念のため相談してみましょう。

キャンピングカーサイト

私たちが利用したときのOHANA CAMP&BBQにはキャンピングカーサイトがありませんでした。車中泊用のサイトですがソロテントや2人用テントも設営可能とのこと。現在専用水場の工事中ということで、割引価格にて利用できるそうです。(2022年8月の情報)

共用施設

次はOHANA CAMP&BBQの共用施設を紹介していきます。フリーサイト用の水場、トイレ、シャワー室、灰捨て場が1か所ずつです。

炊事場

OHANA CAMP&BBQフリーサイト共用水場

フリーサイト用の水場です。ステンレスではなく石の質感が新鮮でした。もちろんきれいに管理されています。

OHANA CAMP&BBQフリーサイト共用水場の警告

石に注意書きがしてありました。受水槽で水をためているため、使いすぎると出なくなってしまうそうです。また海を汚さないために、極力洗剤を使わないようにとのお願いもありました。

キャンプ場のルールを守るのはキャンパーとして当たり前。屋外で楽しむキャンプだからこそ、自然を大切にしたいです。

トイレ

OHANA CAMP&BBQのトイレ

こちらがOHANA CAMP&BBQのトイレ。場所は受付の横、キャンピングカーサイトのとなりです。男女2つずつ個室が用意されています。建物の見た目はとてもきれいです。

OHANA CAMP&BBQのトイレ男性用個室

男性側の個室はこのような感じです。外観と同じくきれいで、しっかりと清掃されています。臭いも気になりませんでした。

シャワー室

OHANA CAMP&BBQのシャワー室

シャワー室の写真です。使用していないのでくわしいレビューはできませんが、見た目はきれいでした。注意事項にはお湯が出るまで2~3分かかると記載してあったので、冬の時期はつらいかもしれません。

灰捨て場

OHANA CAMP&BBQの灰捨て場

最後は灰捨て場の紹介です。トイレの横に写真のような一斗缶が置いてあるので、その中に灰を捨てます。当然ですが、灰の処理は完全に火が消えてから行いましょう。

キャンプ場周辺スポット

OHANA CAMP&BBQ前の海岸線

キャンプ場前の道を挟んだ先に美しい海が広がります。OHANA CAMP&BBQではSUP体験ツアーが申し込み可能。キャンプ宿泊者以外でも利用できます。

ロンドンバスカフェ

糸島ロンドンバスカフェのジェラート

OHANA CAMP&BBQ前のサンセットロード沿いにあるカフェです。赤いロンドンバスが目印で、2階へ上がれば美しい海が一望できます。糸島のフォトスポットとして人気の場所で、私たちが訪れたときも人がいっぱいでした。ジェラートが最高です。

所在地:福岡県糸島市志摩野北2289-6
営業時間:11時から日没まで
電話番号:070-4350-0455
HP:http://genki-ito.jp/

伊都の湯どころ

天然水を使った柔らかいお湯が魅力の入浴施設です。OHANA CAMP&BBQから車で約15分の場所にあります。露天風呂や岩盤浴が楽しめ、レストランやリラックスルームも備える総合施設です。

所在地:福岡県糸島市泊765番地 元気くらぶ内
営業時間:10時から23時
料金一例:780円(平日入浴のみ)
電話番号:092-331-1000
HP:http://genki-ito.jp/

志摩イオンショッピングセンター

大型のショッピングセンターですので、ほとんどのものが購入可能です。ガソリンスタンドやコインランドリーもあります。OHANA CAMP&BBQからは車で約12分のところにあるので、困ったときに便利です。

所在地:福岡県糸島市志摩津和崎29-1
営業時間:9時から22時

まとめ

スキレットの餃子

OHANA CAMP&BBQは誰にでもおすすめしたいキャンプ場です。遅めのチェックアウトでゆっくり過ごせるフリーサイトは最高でした。

休日の予約が取りづらいのは難点ですが、どこのキャンプ場でも同じようなものです。冬のシーズンが狙い目だとオーナーがおっしゃっていたので、気になった方はチェックしてみてください。

写真はOHANA CAMP&BBQでの夕食です。

スポンサーリンク
おはなキャンプ場
最新情報をチェックしよう!

九州のキャンプ場紹介の最新記事8件

>40代挑戦ブログ

40代挑戦ブログ